ショップでみなのカードが使用可能なわけではない■クレジットカードの加入店舗はだいたい、多くのクレジットカードの会社とライセンスを結んでいますが、残念ながら一軒一軒の契約店であらゆる種類のクレジットカードが使用できるわけでもありません。例をあげていうと昔ながらの商店の場合にはJCBのロゴの入っているクレジットカードしか切れない場面もあるし今日日のショップの場合だとビザやマスターカードといったマークの書いたものしか使用できない場面もあります。ディスカバーカードみたいなカード会社の場合もっともっと使えないお店が増えるのではないでしょうか。どのマークの所有カードが決済できるかをどんな方法で判断するといいんだろう?「だったらいかにして何のブランドのクレジットカードが切れるかを判断したら良いのか?」という質問ですが正しく見るんだとすると該当店舗の担当者に見せてみるしかないていうのが実のところ正しい答えです。ただ多くのお店やホテルには分かりやすいところとかに切れるカードのマークが入っているステッカーが貼り付けられているため「そうかあのお店ではアメックスが切れるのか」というのが迷わないようになっているため確認しておいていただけると思います。いっぽうで、しっかり加入管理が出来ていない加盟店舗の場合にはロゴマークが貼り付けられている状況でも「今は何々クレカはお受けいたしかねます」といったような答えを受けるなんてこともあるわけでメンツをつぶされてしまうことだけは避けたいところです。余裕があれば可能な限り十分な数の加入店でクレカが切れるようにしたいならば別のブランド(国際会社)が書かれている一般的なダイナースカード、アメックス、といったクレカを2枚以上は財布に入れておくようにするとよいと思います(例として:ライフカードを持っているなら二枚目はディスカバーカードブランドのクレカを申し込むなど等)。もっぱら日本においては、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのマークが書かれているカードをその都度財布に入れておけばほぼ日本各地の加盟店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを決済する機会があります。クレジットカードを活用して日々ポイント取得を続けるつもりならば、できる限り早めに上記のクレカを作っておいていただくようお勧めします。

Copyright © 2002 www.wispgames.com All Rights Reserved.