とうとう開始する時という場合では始めに事前対策をサボってはいけません。取引を行う前その物を論理的に調べる事が出来ます。しかしながら、いっぺんトレードの中へ踏み込んでしまうとどう試みても考え方が主観的になってしまいがちで真っ当な見方ができなくなるリスクを負います。だから自分の精神が合理的な間にきちっと準備を進めておくことが大切なのだ。その”準備”とは、最初は己のシナリオを作る事からスタートします。市場は下がる(または上がる)から米ドルを売る(あるいは買う)みたいに、自分の脚本を書いていきます。次は相場をチェックしよう。今までの為替レートの上下動を見極めて、今の価格を確認する。そうしたら、「現時点では過度に行き過ぎた水準になっているな」など、あるいは「今となっては大多数の人がエントリーしているから今さら取引しても今はもうやりようがない」などと見えてきます。当然、もう取引するのが遅いと感じたならば、何もせず、そこのところは諦めることが肝心です。どう工夫しても自分なりの脚本を引き下げないで強引に新しく注文すると、為替相場に押し返されて、むしろ損失を被ることになりかねない。とは言うもののたいがいの場合、準備が出来ている自分なりの筋書きを作っていくと売り(または買い)が遅いというケースにはなることはありません。実際に為替相場が変動する前のはずだからです。その次は、当面は自らがエントリーしようとしている通貨の動きをちゃんと調べる事が不可欠です。もし、ドル高に向うと推測する物語を描いたのであればその通貨の変化に注目しておきます。相場の変化を確認し始めたときでは、まだまだドルは大きく変化する兆候を見せることはなく上下に細かい上下動を繰り返しているだけでしょう。しかし、その変動を調べているとある状況でゆっくりと、円安へと推移し始めます。そこでいよいよ、ドル円の新規注文を出すのだ。基本的に、ここまで周到に準偏をやっておけばその売り買いで勝つ確率は割合大きくなるはずです。

Copyright © 2002 www.wispgames.com All Rights Reserved.